1. TOP
  2. 海水魚の飼育の第1歩!STEP5:ライトの準備

海水魚の飼育の第1歩!STEP5:ライトの準備

 2016/12/18 楽しむ
この記事は約 3 分で読めます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

はじめに

魚の飼育でライトを使うのと使わないのとでは見た目がだいぶ違います。

2015767-thumb-480x360-11348

癒される空間を演出してくれるだけではなく、魚も人間と同じで光を浴びないと骨がまがったり、骨格変異など色々な症状を引き起こしてしまいます。

今回の記事ではそんな意外と重要なライトの種類をご紹介します。

 

 

蛍光ライト

f04170fc

 

蛍光ライトは一番一般家庭で使用されているライトといえます。

 

その理由としては生体を飼う上で一番安くて、それなりに光量があるからです。

ロックフィッシュの飼育で考えればこの蛍光ライトで十分過ぎる光を得る事ができます。

相場はメーカーや光量で変わってきますが、60cm水槽用で2980円~5000円くらいとなります。

また蛍光灯ランプを自分の好きな色に変えれば赤色や青色の水槽を演出することもできます。

dsc_1380

 

LEDライト

f0ee74c764bc3c57dd6e31a919e1d452

 

LEDライトは蛍光ライトに比べ光が強く、そしてなにより電気料金が安いことが特徴に上げられます。

そのため金額も蛍光灯に比べかなり高く60cm水槽用で7000円~15000円くらいが相場になります。

 

初期投資は高いですが、お金に余裕のある方は、高い光量で電気量を安くできるLEDを購入するのがお勧めだと思います。

蛍光灯では演出できない幻想的な光を出してくれます。

 

メタハラ

2015032801

メタハラは「メタルハライドランプ」の略で上で紹介したライトでぶっちぎりで光が強いです。

魚を主体とした水槽でしたらメタハラをわざわざ購入する必要はないと思いますが、海草など光をかなり必要とする場合は設置してもいいと思います。

光の強さも強いので常夏の大要降り注ぐ海底を演出することができます。

お値段はピンきりですがだいたい38000円~140000円くらいになります。

 

さいごに

ライトは演出効果だけではなく、魚の成長にも大きな影響を与えます。

魚の飼育だけでしたら「蛍光灯」で全然大丈夫だとおもいますが、「綺麗な空間を演出してみたい。。」という方はブルーライトやLED・メタハラライトを購入すると良いと思います!

\ SNSでシェアしよう! /

ロックフィッシュ 大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロックフィッシュ 大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑


ライター紹介 ライター一覧

KI☆SU☆KE

KI☆SU☆KE

岩手県一関市出身。

秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。
釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。
釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2017年6月の秋田釣行情報 まとめ

  • 6月秋田メバリング釣行

  • 5月の秋田ロックフィッシング交流会

  • 初心者必読ロックフィッシュゲーム 知っておきたいラインの種類と特徴

関連記事

  • ドンコの楽しみ方

  • 番外編!ロックフィッシュ飼育動画一覧集

  • 海水魚の飼育の第1歩!STEP3:海水の準備方法

  • 2016年11月20日秋田県南ロックフィッシュ釣果情報!秋田のロックフィッシュは良い感じ!?

  • 海水魚の飼育の第1歩!STEP4:フィルターの準備

  • [質問回答コーナー]昔飼育していた海水魚