1. TOP
  2. 夏にロックが釣れなければドンコを釣ろう!涙 ドンコマスター千葉の釣りとそーの秋田キジハタロック

夏にロックが釣れなければドンコを釣ろう!涙 ドンコマスター千葉の釣りとそーの秋田キジハタロック

この記事のタイトルとURLをコピーする

こんばんわ!

 

ここ最近仕事が忙しく、

なかなか釣りにいけていなかったのですが、

先日仕事で岩手の沿岸に行く機会があり、

仕事が終わったのがPM18:00

日は傾きかけ夕マズメの絶好のタイミング。。。

 

これは漁港に寄って釣りをするしかないですよね。

釣り人だもん。 by 千葉

 

 

という事で帰り道から一旦それて漁港に寄り道!

今回は広田半島の先端に位置する「大祝漁港」に行ってまいりました。

 

 

まずは漁港に着き、堤防の先端部に行き、

まずは足下周りを探る事に

リグは

いつも私が愛用しているカルティバのボトムショット。

よく質問でジグヘッドのウエイトを聞かれるのですが、

広田半島の漁港は波の強さや風の強さにより、ウエイトは前後しますが、

だいたい5g~9gがあれば対応する事ができます。

 

 

今回は風こそあまり吹いていませんでしたが、潮の流れがいつもより速かったので、

普段穏やかな時では5gでしたが、今回はそのワンランク上の7gをチョイスしました。

 

ワームはいつも通り安定のパルスワーム4in&サンドワーム2inのローテーション。

 

この組み合わせで堤防の足下にリグを送り込んで、

ボトムバンプをしていると、すぐに

 

 

クンクンッ

 

と、ソイのアタリではない軽いアタリが手元に伝わってきました。

 

フッキングし、すぐに上がってきたのはいつものあの方。。

このブログで一番掲載回数が多いであろう、

岩手の癒し系ロックフィッシュ・ドンコ

 

 

岩手の堤防の沿岸ではこのドンコはとりあえずボトムを丹念に攻めるとだいたい釣れます。

その後もソイを狙う気が一切無いようにボトムを攻め続けた結果

永遠に釣れるドンコタイム。

 

ドンコを10本くらい上げたあたりで、リハビリタイムを終えて、ソイを狙う事にしました。

 

 

現状、ボトムを丹念に探るとドンコしか釣れてないので、探るレンジを上げてスイミングで探りました。

 

ボトムから30cmくらい浮かせてスイミングで探り

堤防の角をかすめたあたりで

ヒット!

 

あきらかにドンコさんのあたりではなく、

 

おっ!今度はソイかな?っと上がってきたのは

 

25cmくらいのオウゴンムラソイでした。

その後も層を浮かせてアプローチするとドンコのあたりは消えて

クロソイも釣れ始めました。

 

このパターンでならソイをもう少し釣れるな!っと思った矢先

 

 

潮止まりタイムに突入し、ソイのあたりもドンコのあたりも無くなり

 

 

 

ポイント移動!

 

 

 

するも、何ヶ所か他の漁港を周るもまさかのノーバイト連発で空振り。。。

 

 

気づけばAM5:30

 

 

 

ナイトロックが終わり、早朝ロックにシフト

陽が出てくるとソイもドンコも狙うのが厳しそうだったので、

魚影は薄そうですが、久々にアイナメ狙い。

 

リグもジグヘッドからテキサスリグに変えて

岩礁エリア&サラシの際にキャストし、ボトムを探っていると

 

グングンっ

 

と、アイナメぽいアタリ!

フッキングするとアイナメ特有の首ふりファイト

あまり大きい引きではありませんでしたが、

 

30cmくらいのアイナメでした。

そこまで大きい個体ではありませんでしたが、この時期にアイナメを釣る事ができたので、一人で満足して

釣行終了しました。

 

話は変わりますが、

秋田で活躍しているスタッフのそーさんから先ほど連絡があり

写真をいただきました。

台風の影響で風が強く、リフト&フォールの釣りが非常にやりにくい状況だったそうですが、

リフト&フォールのアプローチからスイミングからのカーブフォールでのアプローチで誘ったところ

キジハタを釣り上げたそうです。

 

この渋い状況下できっちり釣り上げたそうです。

 

またこのキジハタ以外にもボトムにカーブフォールで着底したタイミングでひったくるようなバイトがあったそうで、

ラインブレイクしてしまったそうです。

 

おそらくこのシチュエーション的に大型のキジハタのアタリだと思われます。

秋田のキジハタも徐々に大型の個体もシャローエリアに接岸してきているのかもしれないですね!

 

今後に期待が持てる情報をいただけました。

 

ちなみにそーさんが釣り上げた時のリグは

ゲーリーヤマモトのイモ40のブレードチューニングだそうです。

これはそーさんが遠征で釣りに行った時に知ったリグなんだそうですが、

そーさんいわくかなりいい感じのリグだったそうです。

 

 

秋田のキジハタのパターンもまだまだ確立されていないので、

このような新しいリグなどを試してみるのもいいとおもいますね!

 

という事で秋田キジハタなんだかいい感じですね!

 

今度また秋田に行かせていただきます!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロックフィッシュ 大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロックフィッシュ 大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑


ライター紹介 ライター一覧

KI☆SU☆KE

KI☆SU☆KE

岩手県一関市出身。

秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。
釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。
釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 不眠の秋田ロックフィッシング!2日間釣行記

  • 今年もやってきました!ハンター塩津さんトークLIVE in上州屋北上店

  • 8月末ラストサマーロックフィッシュ釣行

  • 陸前高田NF釣行。。。次回リベンジだ!

関連記事

  • 秋田県・秋田港近辺のロックフィッシュ釣りポイント一覧

  • 【鹿児島湾・錦江湾】ハタ系ロックフィッシュの動画まとめ

  • もう少しで40オーバー秋田県男鹿半島キジハタ釣行

  • 11月,12月からが本番!アイナメのスポーニングパターン その2

  • お疲れ様でした!ロックフィッシュ交流会in大船渡

  • 秋田火力発電所ロックフィッシュ7月釣行記