1. TOP
  2. ロックフィッシュ図鑑&知識
  3. ロックフィッシュ図鑑①:アイナメ・クジメの生態、習性、シーズン、シーズナルパターン

ロックフィッシュ図鑑①:アイナメ・クジメの生態、習性、シーズン、シーズナルパターン

 2015/11/22 ロックフィッシュ図鑑&知識
この記事は約 12 分で読めます。

 

5月

5月になるとようやく水温も徐々に上がり始めアイナメも徐々に深場からミドル・シャローエリアを意識しはじめるようになります。

5月もキーワードは「水温が上昇しやすく潮がきつく当たらないエリアを狙う」ことになります。

またこの時期になると低水温期に生えてくるホンダワラにアイナメが付く傾向が強くなるのでホンダワラを探して攻めるのがさらに釣果を伸ばす要因となるでしょう。

ホンダワラ

ホンダワラ↑

 

5月のアイナメ釣り方→(※後ほど更新します)

 

 

6月

6月になると水温も上がり始め15℃を越えるといよいよアイナメのハイシーズンに突入します。

しかしこの時期はまだ底水の水温はまだ低く安定していないため海が時化たり、海がかき混ぜられると、すぐ活性が落ちる難しい時期でもあります。

この時期もポイントは海草が多くかつ海草の種類が多い場所にアイナメが付きます。

海草

 

 

6月のアイナメ釣り方→(※後ほど更新します)

 

 

7月

7月には水温が15℃~18℃になりハイシーズンを迎えます。

この時期は潮の流れがいいところ(サラシ・離岸流がでる場所)またはベイトが回遊しているエリアを狙うのがいいです。

またシャローからミドルエリアにそれなりにアイナメが入ってきている時期なので穴釣り等も面白い時期となります。

しかしサラシや離岸流も流れが速すぎるところはNG。

また島と島の間のスリットはとてもいいポイントとなります。

磯 サラシ

 

 

7月のアイナメ釣り方→(※後ほど更新します)

 

 

8月

8月は一年で水温が一番高くなる時期でもあるため、適した水温のディープエリアにアイナメは移動してしまうため、なかなか釣るのが難しい時期となります。

いわゆるシーズンオフの時期となります。

この時期にアイナメを狙う時のキーポイントは「ベイトがいるエリア」「潮通しのよいエリア」「マズメを狙う」、等の条件を2つ以上からませないとなかなか釣れません。

 

8月アイナメ釣り方

 

 

9・10月

9月上旬は8月同様水温がまだ高く、なかなか釣れない時期が続きます。

しかし10月になると徐々に水温が下がり始め、アイナメも再びシャロー・スポーニングを意識し始める時期となります。

そして10月後半になるとスポーニングを意識したアイナメが釣れる様になります。

まずディープエリアからシャローを目指すアイナメはディ-プエリアとシャローエリアの中間地点に点在する根につきます。

ここをコンタクトポイントと呼ばれます。このコンタクトポイントを狙います。

磯場なり

 

9・10月のアイナメ釣り方→(※後ほど更新します)

 

 

11月・12月

この時期は完全にスポーニング時期に入ります。

この時は完全にシャローメインの釣りが強くなります。

またスポーニングを終えた魚はミドルエリアに落ちるのでコンタクトポイントもねらい目になります。

シャローエリアとディープエリアが隣接しているポイントはとても有望なポイントとなります。

また小型のアイナメはいたるところで数釣りできる季節でもあります。また餌は魚から甲殻類がメインの餌にシフトします。

 

11・12月のアイナメ釣り方→(※後ほど更新します)

 

 

習性

アイナメは餌を探すとき「視覚」「嗅覚」「側線」で獲物を探します。

これはアイナメの状況によって使いわけているそうです。

 

活性が高いとき

活性が高い時は「視覚」を頼りに餌を探します。

つまり活性が高い日やマズメ時はアピールカラーを使ったり、サイズの大きいワームを使うのが有効になります。

例えば10inのイールなどが挙げられます。

 

20131104_161011

 

 

 

活性がやや低い

活性がやや低い時や水がやや濁っている等などの状況下では、アイナメは視覚お他に「側線」で餌を探すそうです。

つまりこういう状況下では波動のでるルアーを使うと効果的です。

パルスワームなどが挙げられます。

 

20131104_160923

 

 

 

活性が低いとき

活性が低いときはアイナメも動きたくなくなるようで「嗅覚」で餌を探すようになるそうです。

視覚に餌が入ってもなかなか活動しないそうです。

こういう時はニオイのでるワームを使うのが効果的になります。

ガルプマリネードなどを使用してニオイをつけるといいと思います。

まりねー℃

ガルプマリネード(出展:上州屋ホームページ)

 

 

アイナメ釣りの餌について

アイナメは時期的なベイト関係で食べる物が変わりますが基本的には甲殻類・貝類・魚類・環虫類などを食べます。

餌つりにおいてはイソメをメインに使われることが多いです。

また東北ではリュウグウハゼ(通称ラクビー)という魚を餌に釣る文化もあります。

基本的に魚の切り身には食いつきがあまり良くありません。

 

 

日本海側と太平洋側のアイナメの生態系の違い

アイナメは日本海側よりも太平洋側の方が魚影が濃く、またサイズもでます。

釣れる時期や生態も少し変わってきます。

下のリンクに日本海側と太平洋側の生態の違いの説明と釣り方を載せています。

日本海と太平洋のアイナメの違い

秋田県のアイナメの釣り方

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロックフィッシュ 大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロックフィッシュ 大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑




LINEで友達になりませんか?
ロックフィッシュ釣り調査隊の仲間募集中!

一緒に釣りに行きませんか?
⇒LINEを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

KI☆SU☆KE

KI☆SU☆KE

岩手県一関市出身。

秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。
釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。
釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今年度1辛かった釣行。。。2月17日大寒波釣行

  • リベンジ達成!大船渡クロソイフィシング

  • いよいよ寒波よりキツイあの季節が襲来!スタッフ千葉:釣りシーズンオフに突入間近

  • カタクチイワシパターン!2月岩手クロソイリベンジ釣行

関連記事

  • 2月中旬真冬外道ばっかフィッシング

  • アイナメシーズナルパターン!春パターン(4月~5月)

  • 2018年初釣行!陸前高田ロックフィッシング!(STAFF:三浦ブログ)

  • 宮城三陸で夏のアイナメ釣り!台風の唐桑半島でロックフィッシュ釣り

  • アイナメシーズナルパターン!梅雨明け~盛夏(7月~8月)

  • 真夏のソイゲーム!陸前高田ロックフィッシング