1. TOP
  2. 今からが旬!美味しい魚「ドンコ」の魅力をたっぷり紹介します

今からが旬!美味しい魚「ドンコ」の魅力をたっぷり紹介します

 2016/11/12 ロックフィッシュ図鑑&知識
この記事は約 5 分で読めます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

はじめに

段々寒くなってきましたね!

寒くなれば寒くなるほど魚は脂身がのり美味しくなっていくのですが、なかでも冬になると人気が出てくるものはコイツ

20100502_215933

ド・ン・コ(DONKO)

 

いやー、、なかなかグロテスクなお魚ですが、見かけによらず美味しすぎる魚なんですよね!

しかも冬になると型の良いドンコ氏も釣れる様になりますので、これからの時期は

 

ドンコが熱くなります!

225

ここではドンコの魅力をご紹介いたします!

これを機にドンコ釣りを始めてみましょう!

 

なぜドンコが熱いのか

20131105_213105

釣り仲間にドンコの印象を聞くと

・グロテスク

・深海魚

・気持ち悪い

・ヌルヌルする

 

という言葉がよく飛び出します。

これだけネガティブワードが出てくるのに、専門的に狙う人もいれば、ドンコを釣ってみたいという人が必ずいます。

それにはドンコには魅力的な特徴が沢山あるからなんです。

 

魅力① とにかく美味しい!!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-02-22-01-13

ドンコの一番の魅力

それは圧倒的な食味の良さになります。

 

ドンコの正式名称はエゾイソアイナメといいますが、

アイナメという名前が入っているにも関わらず、ドンコはチゴタラ科の魚となります。

つまりアイナメの仲間ではなくタラの仲間になります。

899fb7550a8030dd28dd786a2777a1af

このタラです。

確かにアイナメよりもタラの方が似てそうですよね。

顔やヌメリ感など

 

タラは鍋料理でとても美味しい魚ですよね!

o0800053211008815448

 

ですので、ドンコもタラと同じ魚という事でとても美味しく、鍋料理なども絶品というわけです!

 

そしてタラといったら白子。そしてドンコといったら肝(キモ)。

これが絶品となります。

ドンコのキモの美味しさは、もはや魚料理の中の神セブン的な位置づけに君臨します。

img_1

この美味しさがグロテスクでありながらも人気を博している一番の理由となっています。

 

ドンコのお勧め料理を以下に紹介します!もしドンコが釣れたら是非お持ち帰りし、食してみてください

①ドンコ鍋

img_0

ドンコといったら「鍋」!

ドンコもタラと同じ種族になるのでタラ同様のコクと深い味わいがでます。

この料理は岩手では郷土料理となっているくらいお勧めの料理となります。

まずドンコを味わいたいのでしたら、迷わずドンコ鍋にするのをお勧めします!

 

②ドンコ塩焼き

donko311

ドンコの身はタラのように淡白な感じですが、とても深い味わいがします。

身は柔らかいですが身を噛んだときに流れる油にドンコの旨みが詰まっておりとても美味しいです。

こちらの料理はドンコだけあれば料理できるので、手軽にドンコを堪能できてお勧めです!

 

③ドンコと肝のタタキ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドンコの身とキモのコラボレーション作品です。

生姜を刻んで肝と一緒に混ぜて料理します。

個人的にはアジのナメロウ並みに美味しい料理です。

 

 

魅力② 釣りやすい

20160712_155854

美味しい以外での魅力は

なんといっても釣りやすいという事があげられます。

 

言い方は悪いですが、ドンコはアイナメやソイに比べ警戒心が弱く、積極的に餌に食いついてきます。

そのためドンコがいるポイントを攻めれればテクニックとかを駆使しなくても簡単に釣る事ができます。

 

ドンコが釣れるポイントは

20160712_111546

日中はずばり「テトラポット」の中です。

3f7005b7-98ae-4dfa-8d43-91fe7b31842b

ドンコは夜行性のため日中は日陰や暗いとこに隠れてしまいます。

中でもテトラポットはドンコが沢山潜んでいる良いポイントになります。

夜行性のため視覚よりも嗅覚が発達しているので、

餌で攻めるならイソメよりもサンマの切り身。

ワームなら波動が強いワーム(よく動くワーム)よりもニオイの強いワームが効果的になります。

20160712_194515

テトラポット以外にも光から隠れる事ができるポイントにはドンコが潜んでいる可能性が高いです。

例えば

「岩の隙間や穴の中」

20160712_132823

海に沈んでいる穴の中に隠れています。

穴のポイントは穴の奥が広く、光が差し込まない穴が有望です。

 

またドンコが一番釣りやすいシチュエーションはなんと言っても「夜釣り」になります。

20160712_201442

夜になるとドンコは夜行性のため積極的に活動し動き回ります。

 

そのためわざわざテトラポットの穴の中を攻める必要はなく、堤防の際や足下まで出てくるので

足下にブラクリやワームを落としているだけでドンコが生息しているエリアでは簡単に釣る事ができます。

 

ドンコの釣れるレンジは基本的にボトムになるので、クロソイのように中層や表層にいる事はほとんどありません。

ですので徹底的にボトムを攻める事でドンコを攻めるレンジをキープできます。

ですので、釣り初心者でもドンコは手軽に釣る事ができる「釣り人に優しい魚」というのが人気の理由でもあるかもしれません。

 

魅力③ いつの時期でも釣れる

20130713_10

ドンコは生息地域によって釣れやすい地域や釣れにくい地域等ありますが、

比較的ドンコの魚影が濃い地域では基本的に1年中釣る事ができます。

寒流系の魚のため夏場は釣れる数は落ちますが、釣れない訳ではありません。

居つき個体も多く年中浅場にいる個体も少なくありません。

そういう個体は年中狙う事ができるので、「シーズンを選ばない」という性質もドンコ釣りの魅力となっていると思います!

東北(太平洋側)や北海道では年中釣る事ができると思います!

しかも今からが好シーズンに突入するので!是非ドンコ釣りにチャレンジしてみて下さい!

 

さいごに

20160712_185256

ドンコはロックフィッシュにおいては外道扱いになっていますが、

ドンコの事をよーく知ると素敵な魅力が沢山見つかります。

今回はドンコの魅力をご紹介いたしましたが、今後も色々な魚の魅力を紹介していきたいと思います!

ドンコの人気記事を以下にご紹介します。

ドンコに興味を持てた人はこちらの記事も是非!

・ドンコの楽しみ方

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロックフィッシュ 大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロックフィッシュ 大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑


ライター紹介 ライター一覧

KI☆SU☆KE

KI☆SU☆KE

岩手県一関市出身。

秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。
釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。
釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 秋田でもやります!2017年秋シーズンロックフィッシュ交流会

  • 2017年秋シーズンロックフィッシュ交流会 in岩手

  • 今週の東北ロックフィッシュ釣果情報

  • 今季ラストキジハタ釣行!

関連記事

  • 宮城県唐桑半島釣り場紹介~堤防編~

  • 8月末ラストサマーロックフィッシュ釣行

  • 真夏の陸前高田ロックフィッシング8月初旬釣行記(岩手三陸)

  • ドンコの楽しみ方

  • [質問回答コーナー]ロックフィッシュ大全で釣った魚について

  • 初心者も中級者もこれで完璧!ロックフィッシュ大全集