この記事のタグ

【青森クロソイ】ビックワームで仕留めろ!港内クロソイゲーム

今回は八戸下北半島エリアでナイトロックをやってきました!

今回も八戸エリアに詳しい栞太さんにガイドしてもらい下北半島エリアの漁港を探りました!

とにかく驚いたのが「クロソイの魚影が濃い」こと。

ワームにガルプをつけて堤防の際に落としておくだけで20cm前後のクロソイが勝手に当たってきたり、ドンコを狙おうとボトムを這わせてもクロソイのアタリ・・

と、とにかくクロソイが凄いエリアでした!

片道5時間半は長距離ドライバーの私でも少しキツかったですが(笑)

また5時間かけてでも行きたくなるような素晴らしいフィールドでした!

今回のこちらの記事も栞太さんが書いてくださりましたのでご紹介します!

そして栞太さんと一緒に釣りをした動画も撮影してきましたのでそちらもyoutubeにアップしましたので是非ご覧ください!

ビックワームで仕留めろ!港内クロソイゲーム

今回は千葉さん、三浦さん、私の3人で港内でナイトロックでクロソイを狙いました。

今回はロマンも求めつつ数もサイズも欲しい!なんてワガママな展開にしたい!
ということでイールにキングテールもタックルボックスに忍ばせて望みました!!

まず初めは、いつものように3〜7gのジグヘッドに3〜4インチのシャッドテール系のワームを使用して、クロソイの活性だったり、ポジションを探ってみました。
すると、面白いように丸呑みしてきました^^*
活性は良さげ、いざロマンを求めて!とイールを投げ入れると、一投目からバイトが、、。笑
これはイケる!と確信めいたので、ジャーキングで食わせに入るとしっかり重みも乗りフックアップ!尺超えの良型ゲットです♪
ポイント移動しても活性良く、ビックワームでも釣れました^^*

千葉さんは初場所、完全アウェイですが、しっかりキャッチ!^^*
三浦さんもビックワームでしっかり食わせキャッチしてました♪
3人でバイトの嵐の中、余裕の2桁安打で終始癒されることができました!
港内でもビックワームを使用して楽しめるというのも魅力的ですよね^^*

【ビックワームのジャーキングについて】

私がよく、ビックワームでも細身のイールやキングテールなどといったワームで行うジャーキング。
ロッドをバシバシ!と強めに動かしてますが、実際のところワーム自体はそこまで強く動いていません。イメージはラインスラッグを弾く感じです!
水中のイメージでは、その場でワームがデロンデロンと艶めかしく動くような感じになるように意識しています。
また、軽量のジグヘッド、テキサスであれば軽量シンカーを使いますので、アクション後のフンワリ感でしたり、スピードのギャップというのがとても食わせの間に使い安いと思います^^*
なので、リーリングでのらないようなバイトだったり、ショートバイトなど、ワームが口に入り切ってないような時でも、フックアップに繋がったりしたりすると思います♪
イメージは個人個人あるので、ぜひ細身のビックワーム、イールでしたりキングテールなどで、ジャーキングしてみてください(​ ´꒳`​)

シェアしてもらえると感激です(*^^*)

コメントする

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県一関市出身。 秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。 釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。 釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。