この記事のタグ

【アフターの魚に有効】これからの低活性になる時期に有効なアクションをご紹介

ずる引きってどんなアクション??

ようは、底をずるずると、引き寄せてくるだけのシンプルなアクションになります。

これはロックフィッシングの他にバス釣りやフラットフィッシングなどでも活用されています。

初心者にも動作は容易で、アタリも取りやすく今からの時期だけでなくてもお勧めの釣り方になります。

1番重要なポイントとしては、しっかりと底に落とし、ワームが浮き上がらない様にゆっくりとズル引く事になります。

底の状態をロッドでしっかりと感じながら引いていきます。

初心者がずる引きをする場合はテキサスリグやキャロライナリグ・ビフテキ・フリリグなどのシンカーを使ったほうが底の状態がわかりやすいです。

使用するシンカーはタングステンシンカーを使うと、よりわかりやすく、ラインはフロロラインが一番適しています。

タングステンシンカーを使う意味

近距離であればナイロンラインでも問題ありませんが、遠投する場合は感度が悪くなるので初心者にはあまりおススメできないかもしれません。

PEラインの場合は感度はいいのですが、ラインが浮き上がるので風に流されたりしてフロロカーボンほど感度は良くない場合があります。

アクションとしてはワームが底から離れない様に、ゆっくりとロッドを引っ張ってきます。

リールでゆっくり巻くのではなく、ロッドで動かしていきます。

詳しいアクション方法は動画で紹介しておりますので、そちらを参照ください。

そしてずる引きは、ただ魚を釣るのだけではなくストラクチャー(障害物)や変化を探すことも兼ねています。

何もない浜などのポイントでは止めたり動かしたりを繰り返すだけですが、その中に点在する根などを見つけます。

キャストしている場所が、硬い底なのか、泥なのか、砂、砂利等を感じながらズル引きさせていきその何か?を探していきます。

よく引いていても今の感覚が何かわからない・・・と思う方がいるかもしれません。これはどうすればいいのか?答えは簡単で、砂浜に行っては見えている場所で引いて感覚を覚え、泥底でひいては感覚を覚え、岩場に行っては感覚で覚えと見えている場所で練習すればいいだけです。

こちらの動画にもボトムの感知について解説しています。

根やブレイクが見つかればまずはステイ(停止)させて様子を見て、何もなければ小さくシェイクを入れてまたステイ、最後はシェイクでそれを越えて、またステイ!!

とにかく変化のあるところでは、少しの動きとステイを繰り返します。

初心者のうちはアタリと根掛りの区別がつかないと思いますので、勘違いしない様に、アタリかな?っと感じたら

まず、軽くロッドでラインを見ながら少しテンションをかけて、生命感があるのか?引いているのか?一気にラインが緩んでいないか?を必ず見るようにしてください。

生命感があったり、一気にラインが緩んだりした際はあたっているので、ラインスラックをとり、ロッドでしっかりアワセを入れます。

根掛りとあたりを勘違いしない様に、根掛りにあわせると、がっちりかかって外れなくなりますので注意してください。

このずる引きは動きの遅いハゼ類や甲殻類などの動きを演出させることができますので、これからの中々動かない魚を釣るのに適したアクションの一つになりますので、是非試してみてください。

最新動画情報

アイナメのバイトは「噛みつき系」の中々フッキングが難しい出方をします。さらに活性の低い時のバイトの出方は中々一筋縄ではいかずフックアップさせるのが難しいです。そこで今回はそんな気難しい時のアイナメのバイトの出方と種類・そしてそのバイトの種類ごとのフッキングテクニックをご紹介します。

今年のロックフィッシュ大全大会はエコギアのテスターをはじめ。アピア・アルカジックジャパン・ジャクソン・オーシャンルーラ―などのプロの方々。そしてロックフィッシングの最高峰の大会であるPOCのマスターズクラシック出場者のトップトーナメンターも多数参加する大会となりました!その模様を収録させて頂いています!

イベント情報

2019年12月29日に

金華山に釣りに行きます!2010年代最後の釣り収めしてきます!

一緒に金華山に行きたい人を募集していますので、興味がある人は以下の要項を確認の上、下記メールアドレスにご連絡ください!

イベント日:2019年12月29日(日)
集合場所 :鮎川港
金額   :5000円
募集人数 :6名~12名

スケジュール
6:30 出港
7:00~15:00 実釣
15:30 帰港

申し込み方法

以下のメールアドレスあるいは千葉と連絡が取れるSNS等(ラインやTwitter)に以下の内容を記載の上ご連絡下さい。

①なまえ
②電話番号

mail: ainame65@gmail.com

質問等ございましたら上のメールにご連絡下さい。

また3日経っても返信が無い場合はお手数おかけしますが、もう一度ご連絡下さい。あるいは千葉のフェイスブック・Twitterにご連絡下さい。
(ロックフィッシュ大全アカウントのSNSに連絡しても返信できない可能性があります)

※6名以上揃いましたら開催します。

※こちらは金華山交流会ではございません。金華山にいって釣りをする企画です。

申し込み者で開催日1週間前からのキャンセルはキャンセル料金80%発生しますのでお気をつけ下さい。特に年末という事もありますのでスケジュールや体調管理のほうもお気をつけ下さい。

シェアしてもらえると感激です(*^^*)

コメントする

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県一関市出身。 秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。 釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。 釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。