【穴釣り大全】9ftロングロッドとスピニングリールを使う理由

ロックフィッシュの穴釣りタックル解説

ロッドについて

穴釣りについてはほんとになんでもOKです。リールつけれればOK。のべ竿は浅いところならできるが基本的にNG。

船竿でも、中通し竿でも、バスロッドでもOK。

長さについても、1メートル以下の短いテトラロッド系でも、ロングスピン釣法のような10ftクラス竿でも出来ます。

硬さについては、固めのほうがやりやすいです。やらかいロッドだと根にもぐられて抜けなくなりやすいです。

 

まずは今持っている竿、持ってなければ1500円の竿セットでも大丈夫です。

 

ということで穴釣りのロッドは長いロッドでも短いロッドでも釣る事はできるのですが、

長いロッドの方が有利に釣りをする事ができるエリアや短いロッドの方がやりやすいエリアなどがあります。

 

長いロッドで穴釣りをするメリットは、上の図のようなシチュエーションの赤丸で示しているような

 

陸から離れた沖側にある穴を攻めやすいという点があります。

 

穴釣りは必ずラインが障害物と擦れてしまうので、極力仕掛けを穴の中に垂直に入れるのが理想です。

そのためには長いロッドが必要になります。

 

 

しかし一方で長いロッドだとやりにくい面もあります。

それはメリットの反対で、手前側のエリアがやりにくいという点です。

長い竿だと、堤防の際などを狙うのが大変です。

 

やれなくはないのですが、

ロッドが9ftなど長い竿では上の写真のように堤防の際に沿ってやらないと

とてもやりにくいです。

 

ですので、自分が穴釣りでどちらのポイントを攻めたいかでロッドの優位性が変わってきます。

 

 

ちなみに上の写真のようにテトラの先端側のように潮通しが良い穴にはアイナメなどがついている事が多いです。

一方で内側の潮が緩い場所はソイやドンコ類が付いている事が多いです。

(ソイやドンコは太陽光を嫌うのもあるので暗い内側についている事が多いです)

 

個人的にどういう竿がやりやすいかというと、長いロッドのほうができることが多いので以下のとおりです。

  • 適合ルアー重量:40g(10号、3/2oz)以上でも使えるもの固めロッド
  • 長さ:8ft以上

 

リールについて

ベイトリール、スピニングリールどちらでも大丈夫です。

さらに言えば、タイコリールとかでも大丈夫です。

ノンクラッチのクラシックリールも穴釣りだけ考えればとても使いやすかったです。

使いたいリールを使ってください。

 

結論として穴釣りだけ考えれば、ベイトのほうがやりやすいです。が、汎用性も考えてスピニングがおすすめです。

ちなみにスピニングリールも慣れればベイトリールとあまり変わらないくらいに穴釣りできるので慣れましょう(笑)

 

 

ライン(道糸)について

根ズレが激しいので、フロロカーボンが一番いいです。

太さについては、穴釣りでは5号(20ld)くらいが最適ですがキャストで飛びづらくなってしまうので、細いほうがいい場合、3号(12ld)くらいでも大丈夫です。ただ3号ではあまり無理はできません。

 

ちなみに昔8号のフロロカーボンを使ってましたが問題なく釣れていましたので、穴釣りにおいて太さは釣れやすさにあまり関係ないみたいです。相当無理な穴に入れてもラインブレイクしないのですが、根掛ってしまうと切るのが大変だったり、穴釣り以外できないのでやめました。

 

PEラインに5〜6号のリーダーでも可能ですが、根掛ってしまいロストするととてもめんどくさいです。

私の場合ですが、慣れてくるとロストすることも減ってくるので、いまは通常のキャストでも使えるPEを使用しています。

 

 

穴釣りの仕掛けについて

なす穴仕掛け

穴釣り専用仕掛け「なす穴仕掛け」動画解説。最安・最も簡単な仕掛けです。

2016.11.18

こちらの記事で作り方など解説しているんですが、安い、アクション良い、釣れる、カスタムしやすい、という最強穴釣り仕掛けです。

 

 

ブラクリ各種

お手軽かつ簡単に釣れる!ロックフィッシュブラクリ釣り

2015.09.30

ブラクリもおすすめです。形状がいろいろありますが、特にテトラポットでは丸型、その他はそろばん型がおすすめです。

自作だとナツメ型になりやすいですが、割安なのでそれもおすすめです。

 

 

テキサスリグ(改)

テキサスリグでもOKです。が、フックが高いので餌用の管付き針を使うのもおすすめです。

管付き丸セイゴ 15号前後
管付き伊勢尼 12号程度

この辺がおすすめ。

 

 

餌、ルアー、ワームについて

ハードルアーはNG。

ワームだとニオイ系ワームのガルプが一番いいです。

 

穴の中は暗いので、ニオイがないと魚集力は弱いです。

 

ガルプの形状は「サンドワーム」がいいです。

すべての太さ長さすべてOKです。

一番使い勝手がいいのは「4″/10cm Fat Sandworm」

「ガルプ_サンドワーム」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

↑↑こちらは廃盤になったので、今は↓↓↓こちらがおすすめ。

アブガルシア ワーム ガルプ! サンドワーム4 イソメ太身ミニイワイソメ(NSW)

色は何でもOKです。穴釣りでは色による違いは感じません。基本的にナチュラル系を使います。

同じくニオイ系のエコギアアクアでも大丈夫だと思います。

 

でも、エサが一番おすすめ。

イソメ、身エサ(サンマ、イカなど)、エビがワームより反応がいいことが多いです。

 

穴釣り最強ベイトランキング

  1. エビ、オキアミ系
  2. 生イソメ系
  3. さかなの身エサ
  4. ガルプ系(スイミング系以外)

 

穴釣りでは是非エビ系を使ってほしいです。
例えば↓↓くわせオキアミスーパーハード(マルキュー)です。

釣具屋さんでは冷凍庫に入っていて、1つ320円とかで買うことができて超大量に入っています。

普段はチヌ釣りなどでつかうと思いますが、オキアミはロックフィッシュも超釣れます

残念なのがやわらかすぎること。エサ針テキサスリグやブラクリの重めのリグで投げるとほぼ取れてしまします。取れなかったとしてもリフトアンドフォールや少しの海藻ですぐに無くなります。なのでキャストでは使えません。

 

でも穴釣りでは大丈夫です。取れません。穴にオキアミ、エビを入れて食いつかないロックフィッシュはいないと言っても過言じゃないです。ゴミが多く浮いていたりする引っかかって取れてしまったりと使えないこともありますが、安い、釣れやすい良いベイトです。

おすすめの付け方の動画

 

【関連記事】他のベイトについて

エサとワームの使い分け理論。ロックフィッシュは釣りやすいのはどっち?

2016.11.06

 

 

穴釣りのタックルまとめ

  • キャストもできる普通のロックフィッシュロッド8ft以上
  • ロッドに合うリール
  • フロロカーボン5号(20ld)、最低3号はほしい
  • 仕掛け
    • テキサスリグ
    • なす穴仕掛け
    • ブラクリ
  • 各種エサ、ガルプ、エコギアアクア

 

シェアしてもらえると感激です(*^^*)

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県一関市出身。 ロックフィッシュ釣りやブラックバス釣りをメインにやっています。 ルアーにこだわらず、ブラクリを使ったエサ釣りや、投げ釣りもやります。 仕掛けを作ったり、魚料理、車泊で釣りに行ったり釣りに関わるいろんなことが好きです! 釣り以外にもいろいろな情報を書いていきます!