手軽に狙える高級根魚!ホッケ釣りの基礎知識

ホッケフィッシングの仕掛け

 

ホッケ釣りは初心者でも簡単に釣れる事から(ホッケが回遊してきていたら)、

北海道ではポピュラーで人気の高い釣りとなっています。

様々な釣り方で狙えるホッケの釣り方をこちらでご紹介します。

タックルや仕掛け、餌などをご紹介します。

 

 

サビキ釣り

画像引用

サビキ(上の図のような仕掛け)釣りでホッケを狙う場合

潮の効いた地磯や適度に潮が効いている堤防や岸壁が狙い目になります。

ホッケ釣りにおいて一番重要な事がホッケの群れを自分の居るエリアに引き寄せる事になります。

そこで寄せエサ(コマセ)を効かせてホッケの群れを集めることが大切になります。

 

ホッケ釣りの竿

竿は磯竿やルアーロッドなど基本的になんでも大丈夫です。

足下を狙う場合でしたら竿の長さもあまり長くなくても大丈夫です。

仕掛けの重さに耐えれる竿でしたら大丈夫です。

 

サビキ道具

仕掛けは、市販のホッケ用サビキ仕掛けを使うのが便利だと思いますが、

地域によってホッケ専用のサビキ道具が無い場合は青物のサビキ道具で代用できます。

サビキの種類はスキンやハゲ皮などが定番になります。

 

オモリ

オモリのサイズは釣り場の水深で使い分けるのが基本になるので、

具体的に何号が良いとは一概には言えませんがおおよそ5号~10号くらいだと思います。

 

入れ食い状態のときは重めを使うと手返しがよくなります。
ときどき竿先を上下に動かして誘いを入れつつ、竿先にアタリが出たら確実に竿を立ててアワセを入れるようにします。

 

エサ

ホッケはアミ類などの甲殻類やプランクトン・海草・魚卵などをメインに捕食しているため、

釣具屋やホームセンターなどで販売しているオキアミを使用します。

 

イソメやゴカイなどでも釣れた実績もありますが、アミ類などのニオイの強いエサが効果的になります。

 

 

ウキ・フカセ釣り

画像引用:チヌ・フカセ釣り

浅場へ寄ってきたホッケの大群は、ウキ釣りで狙う事もできます。

足元から深くなっている磯場が狙い目です。

タックルや仕掛けは、恐らくホッケ専用の仕掛けはあまり見かけたことがないので、

クロダイやメジナなどを狙うもので代用がききます。

 

魚をゴボウ抜きにする場合は多少頑丈なもの、

逆にホッケが食い渋っているときには細めの仕掛けに、状況に応じて竿のタイプを使い分けたりします。

 

ウキは波があるときは円錐ウキ、凪のときは自立ウキが使いやすいと思います。

付けエサはサビキ釣り同様にオキアミを使用します。

この釣りも寄せエサでホッケの群れを寄せることが釣果に直結します。

寄せエサは、解凍したアミエビに専用の集魚材を混ぜたり、砂を混ぜて比重を重くして使う人もいます。

これを少しずつ、かつ、途切れないように撒いていくのがコツになります。

ホッケのタナは浅めで、ひとヒロ(約1.5m程度)が目安といわれていますが、

それを基準にその日の状況や釣り場の水深・魚の活性等に合わせて調整していきます。

 

アクションとしてはときどき竿先で誘いを入れながら仕掛けを流していきます。

大物ほどアタリは小さいので、波で上下するウキの動きに違和感を感じたら、確実にアワセを入れます。

 

 

ルアー釣り

画像引用:へたのヨコ釣り北海道日誌

ホッケはロックフィッシュ同様にルアーにも果敢にアタックしてくるため、ルアーで釣る事ができます。

北海道や秋田などではハードルアーをはじめ、ソフトルアー・ジグ・スプーンなどで釣る文化があります。

タックルは、アイナメやソイなどロックフィッシュを狙うのと同じ要領のタックルで釣る事ができます。

その他にミディアムライトのシーバス用ロッド7~9フィートと小型スピニングリールの組み合わせなどでも代用がききます。

 

ルアーはメタルジグ(20g前後)やミノー(10㎝前後)、ジグヘッド+ソフトルアー(2インチ)などが実績が高いです。

ミノーはディープダイバー系をメインに使用すると良いと思います。
釣り方はルアーをキャストした後、ホッケが回遊するレンジ(層)までカウントダウンしてからスローリトリーブします。

 

基本的に吸引型のバイトが多く(ひったくるような)、ルアーがボトム近辺にある場合はアイナメのような突くようなアタリ方がでます。

 

シェアしてもらえると感激です(*^^*)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県一関市出身。 秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。 釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。 釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。