1. TOP
  2. 紛らわしい!!ロックフィッシュの見分け方ガイド アイナメ・ソイ編

紛らわしい!!ロックフィッシュの見分け方ガイド アイナメ・ソイ編

 2016/09/19 ロックフィッシュ図鑑&知識
この記事は約 5 分で読めます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

はじめに

姿形がよく似通っているため、釣った魚の種類が判別しにくい!

メバルとアイナメ!くらい形や色が違ければ判別できるかもしれませんが、クロソイとムラソイの違いは??

カサゴとヨロイメバルの違いは??と言われると見分けられる人が一気に減ってくると思います。

色でロックフィッシュを見分けている人もいますが、ロックフィシュは「保護色」で体の色を変えてくるのでムラソイで体の色が薄赤色になっているのを見てカサゴと勘違いする人もいるので、色で判断するのはとっても信憑性があいません。

またアイナメとクジメは釣りをやっている人やテレビに出ているプロの人でも混同してしまうほどの紛らわしさがあります。

なのでこのページではロックフィッシュの詳しい見分け方や特徴をご紹介いたします。

これでしっかり魚種の確認の仕方を覚えてください!

 

アイナメ・クジメの見分け方

それではロックフィッシュで最難関である「アイナメとクジメ」の違いを解説します。

 

色での判断はあまりよくない

下にアイナメの写真を載せます

image-58

アイナメの体色ベースは左側の写真のように茶色となります。また産卵期のオスアイナメは右の写真のようにゴールドカラーに体色が変化します。

一方クジメは

image-59

住処によってさまざまですが、赤茶色から赤色・黄色・緑など様々な色をします。

つまりクジメの方が体色の変化のふり幅が大きいです。

色である程度判断できるのかな??と思えるのですが、以下の写真をご覧ください

image-57

 

これはクジメとアイナメの写真ですが、、激似じゃないですか、、、??

アイナメとクジメは住んでいる所により体色を変えるので、同じ釣り場で釣れるクジメとアイナメは基本的に体色が似ています。

こうなると色での区別は信憑性に欠けます

ちなみに上の写真は左がクジメ右がアイナメの写真です。

わかった人はもう「アイナメマスター」です!

 

尻尾の形で判断

アイナメとクジメの判別方法でよく出てくるのが「尻尾の形で判断」です。

おそらく一番わかりやすい方法です。

以下の写真をご覧ください

%e3%82%af%e3%82%b8%e3%83%a1

アイナメ・クジメの尻尾を閉じた時、アイナメは尻尾の中央部がへっこみます(写真上)。

一方クジメは尻尾を閉じても尻尾に凹みが生じません(写真下)。

ここで判断してみましょう!

それか逆に尻尾を広げると、、、、

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%a1

わかりますか??

尻尾を閉じるとアイナメは内側がやや凹むのに対して、クジメは内側が盛ります。

これでも判断する事ができると思います。

 

あと、わたし個人的には、、、

 

image-8

 

顔が全然違くないでしょうか??

ここからは私のフィーリングになるのですが、、アイナメの方が顔が大きいです。

そしてクチビルも厚いです。それを踏まえて

上の写真では左がアイナメ・右がクジメどうでしょうか、、??

よくわからないですか??笑

これ友達に言っても伝わらなかったので大丈夫です!笑

以上をまとめます。

 

[アイナメ・クジメの違い まとめ]
  • 色の判断はあまりおすすめできない
  • 違いは尾ひれ(尻尾)で見極める
  • 慣れてくると顔が違うので顔で判断できる

 

※アイナメ・クジメの事をもっと詳しく書いてある関連記事です。興味のある方は読んで見てください!

・ロックフィッシュ図鑑:アイナメ・クジメの生態・習性・シーズナルパターン

・マニアックなロックフィッシュの豆知識!アイナメ編

 

 

ソイ類の見分け方

image-9

次にソイの見分け方について説明します!

恐らくですが「アイナメとクジメ」みたいに似ている者同士の組み合わせがあるとするならば

①「クロソイとムラソイの違い」

②「クロソイとマゾイの違い」

になると思いますので、この点について説明したいと思います。

ベッコウゾイは他3種と模様がだいぶ異なるので、今回は省略させていただきます。

 

クロソイとムラソイの違い

まずはこの2匹の違いです。

目の下のトゲの数です。これが一番正確な違いになります。

kuromura

クロソイは目の下に3本トゲがあるのに対してムラソイはトゲが1~2本です。

また、その他の見分け方としては色です。

環境により異なるので断言しにくいですが、ムラソイの方が茶色系の色が強く、クロソイは青から黒色をしています。

e383a0e383a9e382bde382a426e38e9d11-04-12images

 

左がムラソイ・右がクロソイにないます。

しかしアイナメ・クジメ同様に釣れる場所や地域で色が異なるのでこちらも目安程度で対応してください。

 

クロソイとマゾイの違い

image-12
画像:芦小牧「釣り吉よち」の釣果と情報ブログ

クロソイとマゾイの違いは、上の写真のトゲの部分です。

キツネメバル(マゾイ)はトゲの凹凸が小さく、クロソイはトゲの凹凸が大きいです。

ここで判断してみてください。

また、この他の見分け方として

image-13

 

尾ひれの色が違います。

マゾイは尾ひれの先端からやや全体にかけて「青白い」です。

ここで見分けてみてください!これは仮にムラソイとの違いでも比べれます。

以上をまとめると

[ソイ類の見分け方 まとめ]
  • 尾びれが青白ものはマハタ
  • 目の下のトゲが3本あるのはクロソイ、2本はムラソイ

 

ソイに関連する記事をご紹介します。興味がある方は読んで見てください!

・ロックフィッシュ図鑑:ソイの生態・習性・シーズナルパターン

・日本海側と太平洋側のロックフィッシュの生態の違い

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロックフィッシュ 大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロックフィッシュ 大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑


LINEで友達になりませんか?
ロックフィッシュ釣り調査隊の仲間募集中!

一緒に釣りに行きませんか?
⇒LINEを見てみる

ライター紹介 ライター一覧

KI☆SU☆KE

KI☆SU☆KE

岩手県一関市出身。

秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。
釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。
釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 不眠の秋田ロックフィッシング!2日間釣行記

  • 今年もやってきました!ハンター塩津さんトークLIVE in上州屋北上店

  • 8月末ラストサマーロックフィッシュ釣行

  • 陸前高田NF釣行。。。次回リベンジだ!

関連記事

  • プロの人でも見間違える!アイナメにそっくりクジメの魅力

  • アイナメをもっと知ろう!釣り人のためのアイナメ生態学

  • アイナメシーズナルパターン!晩春~初夏パターン(6月~7月)

  • 魚種別の狙い方!カサゴとソイの微妙に違う狙い方

  • ドンコの楽しみ方

  • [質問回答コーナー]ロックフィッシュ大全で釣った魚について