1. TOP
  2. ロックフィッシュ最強リグ!テキサスリグの基礎知識

ロックフィッシュ最強リグ!テキサスリグの基礎知識

 2016/10/27 タックル・仕掛け
この記事は約 4 分で読めます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

はじめに

テトラの奥地に「絶対魚が居るんだけど、、」でも、ジグヘッドで表面近辺でアクションして誘っても反応が無いとき、次の手立てはテトラの穴の中をダイレクトに攻め込むしかありません。

150309-1

しかしブラクリやジグヘッドなどはフック(針)がむき出しのため、根がかりは必須となります。

そんな根が厳しいところを攻めるのに有効なリグが「テキサスリグ」となります。

テキサスリグの特徴はフックがワームの中に隠れる構造をしているので、リグの中で一番根がかりがしにくい仕掛けとなっています。そのため、他のリグでは手が出せにくい根が荒い部分や穴の中を攻める事ができます。

今回はこのテキサスリグについての基礎知識をご紹介していきます。

 

テキサスリグのメリット・デメリット

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc

テキサスリグの最大のメリットは、他のリグに比べて根がかりしにくいという事が挙げられます。

すり抜け性の高いバレットシンカーやナツメオモリとオフセット(ワームから針が出ないフック)

が組み合わせているため、キツイ根や海草の密着地帯を直撃することがこのリグならできます。

 

魚の活性が低くて射程圏が狭いときや、根の奥に引っ込んでいる時など、魚の目の前にワームを送らないといけないときなどに

テキサスリグならダイレクトに攻める事ができます。

 

またフックがワームの中に隠れる構造になるので海草や根などにフックがひっかかることがないという利点も大きいです。

しかしその逆にフックがワームに隠れている事でジグヘッドと異なり自分からフッキングをしないと魚をのせる事ができないというデメリットもあります。

またその他にテキサスリグのデメリットとして、シンカーがラインを傷つけやすいという点が挙げられます。

特にフックのラインアイ(結び目)はシンカーがよくぶつかる場所なので、ここの劣化具合を時折確認しておく必要があります。

またビーズなどをラインアイの間に挟むことで結束部分をシンカーから保護することができます。

 

[テキサスリグ メリット]

  • 根がかりがしにくい
  • すり抜け能力がリグで一番高い
  • ストラクチャーをタイトに攻めれる
[テキサスリグ デメリット]

  • 中層・表層は攻めにくい
  • シンカー・オフセット・ビーズなど仕掛けを組むのにパーツが必要
  • ラインを傷つけやすい

 

テキサスリグのセット方法

%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%82%b0

 

テキサスリグのセット方法をご紹介します。

テキサスリグを組む時に必要なパーツは上の図のように

 

①オフセットフック

②ビーズ

③シンカー

 

この3つがあればテキサスリグを組む事ができます。

以下にテキサスリグの作り方の動画を紹介します。参考にしてみてください。

 

 

 

 

シンカーの種類と接触音の効果について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

テキサスリグにはシンカーとして「バレットシンカー」・「ナツメオモリ」を用いる事が多いのですが、シンカーには色々な素材があり、安価で一般的な素材は「鉛」になるのですが、鉛素材の特徴は柔らかい素材のため、ボトムに触れた時の釣り人に伝える振動を鉛が吸収してしまうため、感度はあまりよくありません。

より高い感度を求める場合は鉛素材より硬い素材である「ブラス」や「タングステン」素材のシンカーを選択するのがお勧めとなります。

 

鉛やブラス・タングステン素材の特徴をまとめたページを以下に紹介します。

素材に興味がある方はこちらから↓

・ロックフィッシュシンカーの素材の特徴を把握しよう!

 

またブラスやタングステン素材は硬い素材のため、感度向上の他に、ビーズとシンカーがぶつかった時の音の響きがアイナメの側線に影響を与えるとも言われています。

この音は魚によっては警戒心に影響が出る可能性もあるのですが、反射食いやリアクションバイトのキッカケになるテクニックになると思います。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロックフィッシュ 大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロックフィッシュ 大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑


ライター紹介 ライター一覧

KI☆SU☆KE

KI☆SU☆KE

岩手県一関市出身。

秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。
釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。
釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 陸前高田NF釣行。。。次回リベンジだ!

  • 真夏男鹿ロック釣行からの男鹿観光

  • 今年の夏は。。。雨ばっか。8月お盆明け岩手ロックフィッシュ釣行

  • 夏にロックが釣れなければドンコを釣ろう!涙 ドンコマスター千葉の釣りとそーの秋田キジハタロック

関連記事

  • ロックフィッシュ激シブ。。。でも大物ギンポ登場:2016年12月3日大船渡ロック釣行!

  • 初心者も中級者もこれで完璧!ロックフィッシュ大全集

  • テキサスリグのアクション方法