1. TOP
  2. ロックフィッシュシンカーの素材の特徴を把握しよう!

ロックフィッシュシンカーの素材の特徴を把握しよう!

 2016/10/19 タックル・仕掛け
この記事は約 6 分で読めます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

はじめに

ロックフィッシングはワームを使うため必ずシンカーという重りを使う事になります。

重りには色々な種類があり

①鉛

②ブラス(真鍮)

③タングステン

 

この種類によっても性質や用途が異なります。

釣りを極める為には、このシンカーの使い分けも知っておく必要があります。

またシンカーの形状も色々あり

この形状も状況に応じて使い分ける事で釣り戦術も大幅に広がります。

ですのでシンカーと一言でいっても実はとても奥が深いのです。

今回はこのシンカーについて少し特徴を紹介したいと思います。

 

シンカーの素材

鉛シンカー

sim

釣りに使われるオモリといえば鉛製が一般的です。

投げ釣りや沖釣りに使うオモリもそうですし、ほとんどのオモリに使用されています。

特徴としては他の素材よりも安価に購入できる事が挙げられます。

また鉛は他の素材に比べて柔らかく変形しやすいという特徴があります。

これはメリットに捉える事もできればデメリットにとらわれる事もできます。

ロックフィッシングにおいてはこの変形しやすい特徴はデメリットに働きます。

一例として、鉛シンカーのテキサスリグでリフト&フォールで攻めているときに根の隙間にシンカーが挟まった時に

竿を上下や左右に動かし根がかりを外そうとする時に、鉛シンカーが変形が生じて根にさらに深く食い込んでしまっているのです。

こうなるとラインを切らないと中々外すことができなくなります。素材が柔らかい故の欠点となります。

鉛シンカー特徴

  • 安価で購入できる
  • 鉛は柔らかいため、変形しやすい
  • 根がかりすると食い込んで外れにくい

 

ブラス(真鍮)シンカー

images

ブラス(真鍮)はタングステンとともにレアメタルと言われる素材の一種です。

この素材は鉛より硬く、比重も鉛より小さいという特徴があります。

また鉛・タングステンと同じ重さだとブラスが一番体積が大きくなります。

同じ重さで体積が大きく、比重が小さいという事は一番沈降スピードが遅いという事になります。

つまりブラスシンカーはフォールスピードが一番遅いシンカーといえます。

体積が大きいのでキャスティングする時に空気抵抗を受けやすく飛距離が伸びません。

またタングステンシンカーよりも強度は劣りますが、それなりに強度が高いため、感度もそこそこに良いです。

 

鉛シンカー特徴

  • そこそこ高価
  • 比重が低いため沈むスピードが遅い
  • 体積が大きいので飛距離が出ない

 

タングステンシンカー

46z8-store2_odf-301_2

前項のブラスと同じくレアメタルの一種です。

鉛やブラスに比べ、強度は高く、ちょっとやそっとでは削れたり、変形したりしません。

そして最大のメリットは比重が大きいので同じ大きさの鉛やブラスシンカーよりも体積が小さくなります。

この特徴はキャスティング時の空気抵抗の低減(飛距離アップにつながる)、水中抵抗の低減(潮の抵抗を受けにくく早く沈むようになる)につながります。

また素材が硬い事でボトム感知能力が高い。また根がかり率も低くなります。

そんな素晴らしいタングステンですが唯一の欠点がコストがとても高い事です。

タングステンシンカー特徴

  • かなり高価
  • 比重が高いため沈降スピードが速い
  • 体積が小さいので空気抵抗を受けにくい

 

シンカーの形状の違い

次にシンカーの形状の特徴をご紹介いたします。

シンカーには素材の他に色々な形状をしたものがあります。

これはデザイン性だけではなく、釣り場のシチュエーションによって使い分けることで有用性が変わってきます。

ここでは形状事の特徴を把握し、自分の釣り場に合ったものを選びましょう。

 

バレットシンカー

168

テキサスリグの基本的なシンカーはこの「バレットシンカー」になります。

元々はバス釣りからの発祥のこのスタイルのため、ロックフィッシングに限らず色々な釣りでも活用できます。

このバレット(=弾丸型の形状)は先端が細いため障害物の隙間を通過しやすい形状となっています。

またシンカーの形状が重心が後方にあるため飛距離を出しやすい構造になっています。

デメリットとしては、形状が均一でないために場所によって潮の影響や浮力が不均一になるため

フリーフォールも不安定になりやすくなります。

バレットンシンカー特徴

  • 障害物をかわし易い形状をしている
  • 飛距離を出しやすい形状をしている
  • フリーフォールが不安定

 

ナツメオモリ

413qfhob6tl-_sx425_

東北の荒い磯場などでスタンダードに使用されているのが、恐らくこの「ナツメオモリ」だと思われます。

先ほど紹介したバレットシンカーは本来バス釣りが発祥だったため、重いウエイトのシンカーがあまりありませんでした。

一方ナツメオモリは色々なウエイトラインナップが揃っています。

ナツメオモリは丸オモリとバレットシンカーの中間的な要素を持った形状です。

飛距離・感度・沈降スピード・回避性能など平均的に優れています。

そういう意味では初心者にも扱いやすいシンカーといえます。

ナツメオモリ特徴

  • 単価が安い
  • シンカーの重さが幅広く販売されている
  • 平均的な要素をもっている

 

丸オモリ

44ab66d9bb433df91ad7c82dd3f594ee

球体状の形状をしているこの丸オモリは、接地面積が一点に集中するため、他のシンカーよりも感度がとても良いです。

また空気抵抗も受けにくい形状のために、飛距離が出しやすい形状となっています。

しかし球体ゆえの欠点である、傾斜がある場所ではステイすることがあまりできず、傾斜に沿って転がっていき、結果根がかりに繋がる事があります。

そういう意味で他のシンカーに比べて根がかりがしやすいという点があげられます。

しかしこの特徴はテトラポットなどで使用すればテトラの最奥まで落とす事ができます。

私はこの丸オモリはテトラや穴の中を攻める時に使用しております。

丸オモリ特徴

  • 感度に優れている
  • 飛距離を出しやすい
  • テトラポットの中を攻めやすい

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロックフィッシュ 大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロックフィッシュ 大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑


ライター紹介 ライター一覧

KI☆SU☆KE

KI☆SU☆KE

岩手県一関市出身。

秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。
釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。
釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今年の夏は。。。雨ばっか。8月お盆明け岩手ロックフィッシュ釣行

  • 夏にロックが釣れなければドンコを釣ろう!涙 ドンコマスター千葉の釣りとそーの秋田キジハタロック

  • 日帰り短時間秋田フィッシング!8月ロック釣行

  • 真夏のソイゲーム!陸前高田ロックフィッシング

関連記事

  • 初心者にお勧め!ロックフィッシングワーム基礎知識

  • ロックフィッシングゲームの超基本リグ!ジグヘッドリグの基礎知識

  • テキサスリグのアクション方法

  • ロックフィッシング基礎アクションを習得しよう!ジグヘッドリグのアクション方法

  • ボトムのタイトな釣りを簡単に!ダウンショットリグ

  • ブラクリを自作しよう!安いブラクリ作成方法を動画で解説します。