この記事のタグ

【アイナメのフッキング】渋いアイナメのアタリ・フッキング術

今回は初心者に向けたアイナメのアワセ(フッキング)についてお話ししたいと思います。

アイナメを普段から釣り慣れている人からしたら特別な事では無いんですが、初めてアイナメを狙う人からすると、アイナメのフッキングはそこそこ難しいかもしれません。

私のルアー釣りのスタートはブラックバスだったため、バスは一発吸引型のバイトをしてくるので、アタリが出たらカウンター気味のフッキングがメインでしたので、それをアイナメでかますとすっぽ抜ける事がよくありました。

私のSNSにも

「アタリがあるのに乗らない…」
「アワせてもスッポ抜ける…」
など、いろいろなご質問を受けるのですが、これはアイナメの捕食の仕方に特徴があるせいだと考えられます。

ブラックバスをはじめソイやシーバスなどのフィッシュイーターの捕食は「吸飲バイト」、エサとなる対象物を一口で飲み込もうというバイトになります。

それにひきかえアイナメのバイトは「噛みつく系」。

そしてその噛みつき系のバイトでも色々な噛みつき方があり、個体によっては千差万別。

アイナメのバイトの仕方を大きく分けると3タイプに分ける事ができます。

①ベイトを一口で食べる「吸飲バイト」
②パーツを食いちぎってくる「喰いちぎりバイト」
③活性の低い「喰い込みバイト」

この3パターンのバイトのうち、①の「吸飲バイト」は即アワセで問題ないのですが、皆さんが困っているのは残りの2パターン。

この2パターンが、即アワセしてしまうとまずフックアップしません。そこで、慣れが必要なこの2パターンについて今回動画で解説しましたので、是非アイナメのバイトに困っている方は参考になると思いますので是非ご覧ください。

イベント情報

2019年12月29日に

金華山に釣りに行きます!2010年代最後の釣り収めしてきます!

一緒に金華山に行きたい人を募集していますので、興味がある人は以下の要項を確認の上、下記メールアドレスにご連絡ください!

イベント日:2019年12月29日(日)
集合場所 :鮎川港
金額   :5000円
募集人数 :6名~12名

スケジュール
6:30 出港
7:00~15:00 実釣
15:30 帰港

申し込み方法

以下のメールアドレスあるいは千葉と連絡が取れるSNS等(ラインやTwitter)に以下の内容を記載の上ご連絡下さい。

①なまえ
②電話番号

mail: ainame65@gmail.com

質問等ございましたら上のメールにご連絡下さい。

また3日経っても返信が無い場合はお手数おかけしますが、もう一度ご連絡下さい。あるいは千葉のフェイスブック・Twitterにご連絡下さい。
(ロックフィッシュ大全アカウントのSNSに連絡しても返信できない可能性があります)

※6名以上揃いましたら開催します。

※こちらは金華山交流会ではございません。金華山にいって釣りをする企画です。

申し込み者で開催日1週間前からのキャンセルはキャンセル料金80%発生しますのでお気をつけ下さい。特に年末という事もありますのでスケジュールや体調管理のほうもお気をつけ下さい。

シェアしてもらえると感激です(*^^*)

コメントする

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県一関市出身。 秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。 釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。 釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。