ロックフィッシュ図鑑②:ソイの生態、習慣、シーズンやシーズナルパターン

ソイとは

ソイとはクロソイやムラソイなどのソイ類を総称して呼ぶ時に使われます。種類にもよりますがソイは北海道から九州まで広く分布しております。ここではソイの中で有名な「クロソイ」「タケノコメバル(ベッコウゾイ)」、「ムラソイ」を紹介します。

左上:クロソイ右上:ベッコウゾイ左下:ムラソイ右下:マゾイ(これらを総称してソイ)

 

 

 

クロソイ

クロソイ

出展:Google画像より

全長:20cm~65cm

クロソイは沖縄を除いて北は北海道、南は九州までと幅広く分布します。クロソイもアイナメ同様、北に行けば行くほど魚影が濃く、大型になります。また順応性が高くシーバス程ではありませんが、河口まで進出してきます。捕食レンジが広く日中は日陰や穴の中に居ますが、夜になると穴から出てきてトップレンジまで遊泳するほどレンジが広くなります。

シーズン

クロソイシーズン表

釣る地域にもよりますが、クロソイは基本的に終秋~始春までがシーズンとなります。

また1月~4月は数が減りますが大型個体が釣れる時期でもあります。

クロソイの高活性時の水温は12℃~18℃前後。

低活性時は12℃以下。

20℃以上になると適水温を求めてディープエリアに移動します。

通常は夜活性があがったときに狙うのが一般的ですが、濁りが効いた水域やテトラポットや穴の中など太陽の光をさえぎれるところに日中は潜んでいるので日中は逆にポイントを絞りやすいと思います。

 

 

タケノコメバル(ベッコウゾイ)

ベッコウゾイ

全長25cm~55cm

釣り人の間では「ベッコウゾイ」と呼ぶのが普通となっていますが正式名称は「タケノコメバル」といいます。

メバルという名前がついていますが、形としてはソイの仲間で容姿からクロソイ等と混同されやすい。

ベッコウゾイの他のソイとの大きな違いは生息地域が局地的ということ。

大型個体が多い地域は宮城県です。ついで石川県能登半島の富山県側となります。

本来は夜行性ですが日中でも問題なく釣れます。夜でも釣れますがクロソイと混生域では夜はクロソイの方が多くるれる傾向があります。

 

シーズン

ベッコウシーズン

ベッコウゾイは基本的に通年つれるのですが個体数が少ないこともあり狙って釣るのは中々難しいです。

大型を狙うとなるとやはりスポーニングの絡んだ10月末~12月あたりが狙い目となります。

夜になると多少遊泳するのでスイミングで広い範囲を狙って攻めるのがいい。

またスポーニングの時期はアイナメ動揺ディープエリアからシャローエリアに向かう途中のコンタクトポイントにステイするのでスポーニング時期の初旬はコンタクトポイントを探して攻めるのが効率が良いです。

 

 

 

ムラソイ

ムラソイ

出展:Google画像

全長15cm~40cm

ソイは一般的に北に行けば行くほど大型化する傾向がありますが、このムラソイに限っては寒流域よりも比較的温暖な地方にその生息域を広げています。

ムラソイは本種の他に「黄金ムラソイ」、「アカブチムラソイ」、「ホシナシムラソイ」の3亜種も知られます。

いずれもシャロー地帯を好む習性があり、ゴロタ場や小磯などの水深の浅い岩礁帯が住処となります。

大物は水深が多少あり岩盤岩がゴロゴロしたところにつく傾向があります。

 

こちらにソイの飼育・水中・捕食動画があります。

興味のある方はご視聴してみてくださいね。

 

シーズン

ムラソイシーズン

ムラソイは基本的に通年釣れて本来ソイ類がよく釣れる時期に少し釣果が落ちます。

ソイの中で一番遊泳力がないためストラクチャーや根をタイトに攻める必要があります。

基本は穴釣りがメインになる魚です。日中でも夜でも釣れます。

 


次のページの内容は…


シェアしてもらえると感激です(*^^*)

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    岩手県一関市出身。 秋田・岩手をメインに釣りをやっています。ロックフィッシング・シーバスフィッシング・バス釣りをやっています。 釣りの他に釣魚の飼育・アクアリウムも20年ほどやっています。 釣りや魚の飼育方法について主に記事を書いています。